医療法人財団 健和会 臨床・社会薬学研究所 「臨床・社会薬学」研究課題に共同で取り組みを
医療法人財団 健和会 臨床・社会薬学研究所
HOME
所長就任の挨拶
イレッサ薬害アピール
学習セミナーのご案内
臨床・社会薬学関連研究発表
所長のこれまでの研究実績
今後の研究結果と参加予定学会・集会
リンク
お問い合わせ
医療法人財団 健和会 臨床・社会薬学研究所

 

NEWS

2016/09/20

片平所長は、ファクタ出版株式会社発行の年間予約購読制雑誌編集部から取材を受け、「FACTA」2016年10月号の記事「子宮頸がんワクチン推進派に『痛い訴訟』」と題する記事にコメントを求められました。記事には、「ワクチン推進派の主張の根拠の一つとなっているのが、世界保健機関(WHO)の『懸念は示されていない』との見解。海外の状況が国内でほとんど報道されないこともあり、『被害を訴えているのは日本だけ』と考える人が多い。」の文章に続いて、以下の内容が活字化されて掲載されました。
「だが、薬害問題を約40年間研究してきた健和会臨床・社会薬学研究所所長の片平洌彦博士(保健学)は、HPVワクチン副作用被害の海外報告は、「調べるほどに見つかる」と語る。
例えば、米国では有害事象総数(因果関係「疑い」を含む)が4万5483人に及び、提訴者328人中、国から補償認定を受けたのは101人(出所:HARS、9月13日現在)という。片平博士は、2年前から学会で「海外におけるHPVワクチン副反応被害報告と補償・訴訟の実態」と題し文献調査を3回にわたり報告。この調査によれば、海外でも日本と同様、運動障害・視覚障害・記憶障害等の諸症状が報告され、集団接種中止を求める署名運動や集団訴訟が行なわれている国もある。
同博士は、「率直に言って、WHOは調査研究が極めて不足している」として、「各国の被害実態を詳細に調べるべき」と指摘する。」

2016/09/12

10〜11日に北海道薬科大学で開催された日本社会薬学会第35年会において、「一般演題(ポスターセッション)」で、以下の演題を報告しました。榎 宏朗・寺岡章雄・片平洌彦「Vaccine誌論文撤回問題抗議『共同声明』の薬害領域における意義」。片平洌彦・榎 宏朗・寺岡章雄「プラザキサ(DOAC)薬害:その実態、要因、そして安全対策のあり方」。

2016/09/05

2〜4日に京都・龍谷大学深草校舎で開催された日本科学者会議第25回総合学術研究集会のB−4分科会「保健・医療・福祉における生命と倫理」にて、コーディネーター・司会を片平所長が務め、また、以下の演題を連名で発表しました。
榎 宏朗・片平洌彦「受療を妨げるものは何か?―経済的要因以外の受療を妨げている要因に関する文献的考察」。
寺岡章雄・片平洌彦・榎 宏朗「HPVワクチン安全性に関わる動物実験論文を国際査読誌が掲載後に不正撤去」。
片平洌彦・榎 宏朗・寺岡章雄「HPVワクチンの毒性データは国際会議(2014年、東京)で誰がどう誤導したか?―Lee医師の『告発メール』からの考察」。

2016/08/10

片平所長・榎主任研究員は、8月6・7日に草津市まちづくりセンターで開催された第57回日本社会医学会総会に参加しました。
片平所長は、2日目の「特別セッション:人権回復をめざした被害者救済」の「関連演題 薬害」において、演題:「HPVワクチンの毒性データは国際会議(2014年、東京)で誰がどう誤導したか?―Lee医師のWHO宛「告発メール」からの考察―」を、榎研究員、寺岡章雄薬剤師(医薬情報センターあさひ代表)と連名で報告しました。
また、演題:「ある『国際的査読ジャーナル』の“Scientific Misconduct”―HPVワクチン安全性に関わる動物実験論文の掲載問題―」を、報告者:寺岡氏、連名者:片平、榎で報告しました。
また、榎主任研究員は、「健康格差」のセッションで、「糖尿病受療率に関する生態学的研究(第1報):受療を妨げる国民健康保険の延滞とその背景」を、以下の連名者とともに報告しました。横山綾香(みさと健和病院)、眞鍋克博(帝京科学大学)、片平洌彦(臨床・社会薬学研究所)、宮崎 康(みさと健和病院)。
なおまた、榎と片平は、「障害者の支援」セッションにおける演題「在宅高齢片麻痺者の廃用症候群に対する予防福祉学的アプローチ(第2報)」で、報告者:眞鍋克博、連名者:宮下智(帝京科学大学)、篠原直孝(柳原リハビリテーション病院)、榎、片平で報告しました。

2016/07/06

当研究所は、日本科学者会議(JSA)と共同で、「『HPVワクチン』の毒性に関する動物実験論文が国際学術誌”Vaccine”誌において不当な取扱いを受けたことに強く抗議する」共同声明を採択し、この声明文を”Vaccine”誌のGregory Poland編集長と、”Vaccine”誌の出版社であるElsevier社に対し、メールで抗議文を送りました。
(併せて、論文のCorresponding AuthorであるProf.Shoenfeldや、米国の病理学者Dr.Sin Hang LeeなどにCCで送信しました。)。
この抗議メールに対し、Prof.ShoenfeldやDr.Sin Hang Leeからは即座に謝礼の返信があり、中でもDr.Leeからは、"I admire the courage of the Japanese scientists in bringing this issue out for open discussion.”(この問題を公開の議論に引き出した日本の科学者達の勇気を高く評価(称賛)する)との有り難いメールを頂きました。しかし、抗議先のDr.Polandや、Elsevier社からは、2ヶ月以上経過しても、何の返信もない状態です(9月20日現在)。

2016/06/14

片平所長は、6月11日に千葉市で開催された第43回医療研究全国集会の第17分科会「薬と社会」において、HPV問題について、「HPVワクチンの「安全上の懸念」データ公表は如何にして阻害されたか―リー医師の告発メール」と国際専門誌の「論文強制撤去」事件からの考察―」の内容で報告しました。スライドと事前の「レポート集」に掲載された「抄録」ともにUPします(報告後一部訂正)。

2016/06/02

厚生労働省は、6月1日に、「国内で医薬品の製造販売をする479社の2万2297品目で、国の承認書と実際の製造方法に食い違いがあった旨発表した。このことを報じた朝日新聞は、2日の東京本社版朝刊総合5面で、「医薬品の7割食い違い 国の承認書と製造実態」の見出しで、「誤記や、原料仕入先変更の記載遅れなどで、品質や安全性に影響を与えるようなものはないとするが、全医薬品の7割にあたり、厚労省は同日、法令順守の徹底を求める通知をだした。・・・各社は5月末までに変更手続きを終えた。厚労省は今後、各社に口頭で注意し、経緯を書いた文書の提出を求める。」などと報道しました。この問題について、片平所長は同社からコメントを求められ、以下のように、「談話」の形で報道されました。「薬害問題に詳しい臨床・社会薬学研究所の片平洌彦所長は、『こんなに数が多いのかと驚いた。医薬品は微量でも人の体に大きな影響を与えうるので、安全性に関することは注意深くしなければならない。ルールを順守せず、大きな問題だ。国も見落としていたわけで、今後通告なしの査察をしていくべきだ。』と話す。」。

2016/06/01

厚労省が化血研不正製造問題を機に、全国479社製造の医薬品2万2297品目(全品目の7割)で、国の承認書と実際の製造方法に食い違いがあったと発表。片平所長は朝日新聞社の取材を受け、「こんなに数が多いのかと驚いた。医薬品は微量でも人の体に大きな影響を与えうるので、安全性に関することは注意深くしなければならない。ルールを順守せず、大きな問題だ。国も見落としてきたわけで、今後通告なしの査察をしていくべきだ」との談話を出しました。(6月2日付朝刊)

2015/12/22

化血研(化学及び血清療法研究所)の不正製造の発覚に伴い、片平所長に朝日・読売新聞等各社から取材がありました。これは、化血研の血液製剤やワクチンに血液を固まりにくくするヘパリンを加えたり、加熱のタイミングや温度を変更したり省略したり、安定剤の量を変更したりなど、不正が複数に及ぶ事件ですが、第三者委員会では安全性に大きな問題は見当たらないとしています。片平所長は、「ヘパリンでは重い副作用も報告されている。過去にさかのぼって健康調査する必要がある」とコメントしました。

2015/12/22

新薬学研究者技術者集団発行の「新しい薬学をめざして」Vol.44 No.11に、片平所長の書評「書籍 子宮頸がんワクチン、副反応と闘う少女たちとその母親たち」黒川祥子著 が掲載されましたのでUPします。

2015/12/22

読売新聞 くらしの面に「医療ルネサンス」として「薬害の背景」が連載されています。2015.10.28には、「スモン 安全性置き去り」の見出しで辻川郁子さんの闘病生活、薬害とわかるまでの苦難の道のり、その後の薬害の根絶・被害者の救済を訴えた歩みについて記事が掲載されました。その中で、片平所長は「利益を確保したいがために安全への意識が薄れることは、いつの時代も起こり得る。国も製薬会社も、常に薬を使う患者の立場に立ち、副作用のリスクを科学的に分析、評価する姿勢を忘れてはいけない」とコメントしました。

2015/11/29

「公害薬害職業病補償研究会」主催、「日本環境会議」後援で、シンポジウム「戦後70年 被害者補償・救済の現在」が明治大学駿河台リバティタワーで開催されました。片平所長は、依頼により、 「スモン」について報告しました。

2015/11/02

新潟医療福祉学会 参加の翌日、佐渡の「新潟総合学校 伝統文化と環境福祉の専門学校」からの依頼で、「薬害・公害のない平和で福祉的な社会を築くために」と題し、同校で講演を行いました。

2015/10/31

榎 宏朗 主任研究員が新潟医療福祉大学大学院後期課程で作成し英文で投稿した博士論文が、10月31日に開催された「新潟医療福祉学会」で、和文、英文を含めた同学会誌に投稿された論文の中で、最も優れた論文に贈られる「会頭賞」を受賞しました。この論文は生活保護を中心とした社会福祉の充実が高齢者の犯罪を抑止するという仮説を疫学的研究方法によって実証したものです。主査として統計を含む疫学的研究方法や英文原著論文作成の指導にあたったのは片平所長で、論文は、英文誌Niigata Journal of Health and Welfareに原著Original Articleとして、Hiroaki Enoki とKiyohiko Katahira の連名で掲載されています(ご参考まで、英文と和文 両方で読めるようにしましたので、ここ(英文和文)をクリックして下さい)。

2015/09/08

片平所長と榎主任研究員は、7月25日に久留米大学で開催された第56回日本社会医学会総会にて、「海外におけるHPVワクチン副反応被害報告と補償・訴訟の実態(第3報)」を口演で報告しました。
また、翌7月26日には、熊本大学で開催された日本社会薬学会第34年会にて、「『ディオバン事件』から臨床研究のあり方を考える」をポスターセッションにて報告しました。

なお、日本社会医学会では、国会で審議中の「戦争法案」(安保法案)について、「最大最悪の社会的健康要因である戦争につながる」として、総会で全員一致で採択されました。http://jssm.umin.jp/info.html
2015/08/05
地域包括ケアに関する アンケート調査にご協力いただいた方々へ
諸般の事情で大変遅くなりましたが、上記調査結果「地域包括支援センターにおけ る三 専門 職へのメンタルヘルス関連調査
―健康職場づくりに向けて―」の報告書を以下にアップします。 【全体報告書】【調査報告書
2015/06/02
地域包括ケアに関するアンケート調査にご協力いただいた方々へ
 過日は、上記調査にご協力いただき、ありがとうございました。調査結果については現在集計しておりますが、皆様にその概要をお知らせできるのは、諸般の事情で、6月末になる見込みです。何とぞ今暫くお待ちくださるようお願いします。 田代真樹
2015/06/02
片平所長は、日本文化厚生農業協同組合連合会(文化連)からの依頼により、「文化連情報」に「ノバルティス社『ディオバン』問題を考える」を2014年10月から2015年5月までの間に5回にわたり寄稿しました。
2015/03/31
今後の研究課題と参加予定学会・集会を更新しました。
2015/03/05
片平所長らは5人連名で、今年度、イレッサ訴訟に関する最高裁判決について、海外専門誌International Journal of Risk and Safety in Medicine(Editor:C.J.van Boxtel,IOS Press)に論文Is the evidence of the Supreme Court Ruling of gefitinib litigation in Japan scientific?を投稿し、掲載されました。論文の要旨を和文で記しましたので、ご高覧ください。投稿掲載の件はしんぶん赤旗2015年1月13日記事に紹介されました。
2014/10/31
片平所長は、2014年10月25日に新潟医療福祉大学で開催された第14回新潟医療福祉学会学術集会で、「海外におけるHPVワクチン副反応被害報告と補償・訴訟の実態(第2報)」を発表しました(新潟医療福祉大学榎宏朗院生と連名)。日本社会薬学会第33年会での第1報からさらにデータが追加・更新され、世界12カ国126人の被害の状況が伝えられています。「臨床・社会薬学関連研究発表」頁にUPしましたので、ご参照ください。
2014/09/16
片平所長は、2014年7月12日に名古屋大学で開催の第55回日本社会医学会のミニシンポジウム「HPVワクチン問題」にて、「子宮頸がん予防におけるHPVワクチンの有効性・安全性・必要性」と題し発表しました。 9月14日には、慶應大学薬学部で開催された第33回日本社会薬学会にて、一般演題で「海外におけるHPVワクチン副反応被害報告と補償・訴訟の実態(第1報)」と題してポスター発表しました。(新潟医療福祉大学榎宏朗院生と連名)。なお、この学会では、2009年以降、優秀な内容の発表者に対し「SP賞」という賞が贈られます。今年の演題は87で、そのうちの10演題が「候補演題」とされ、その一つに選定されたのですが、「SP賞」は最終的に2演題で、残念ながらその中には入りませんでした。
臨床・社会薬学関連研究発表」頁にUPしましたので、ご参照ください。
2014/04/17
5月8日に、片平所長が群馬大学医学部で行う「医薬品の副作用・薬物有害反応と薬害(資料A)」講義(60分)のスライドと追加資料(資料B)(資料C)です。60分ではおさまらない内容ですので、受講生の予習のためにUPいたします。受講生以外の方もぜひ御覧になってください。
2013/09/27
片平所長は、札幌の北星学園大学で9月21・22日に開催された日本社会福祉学会第61回秋季大会に参加しました。
前身の臨床薬学研究所について
1999年2月に開設され、2月21日設立記念講演会シンポジウムが開催されました。
設立の際の趣旨としては、以下のように残されています。

社会の動きを背景にした保健・医療・福祉をめぐる全体状況と、各職種との連帯・連携という二つの視座をもち、患者さんと私たち働く薬剤師にとって、望ましいあり方を考えていくことが、地域社会を基盤にする民間の臨床薬学研究所の役割と考えます。
研究所は、仕事の中で気づいた想いを、想いだけで終わらせず、皆で考えたり、まとめたり、行動に向けて援助する(場)です。
薬剤師同士のときもあり、医師・看護師やコメディカルと協力することもあり、そして地域の方々の輪のなかに入ることもあります。
いつも患者さんのすぐそばにいる私たちだからこそ、患者さんやご家族、そして地域住民の方々の視点を大切にした発言・実践ができるのではないでしょうか。

方針については、以下のように記載されています。
1. グループの薬剤師の日常業務と社会的な問題との架け橋の援助
2. グループの薬剤師の活性化、各薬局の活性化の援助
3. グループの病院・保険薬局間の交流援助
4. 地域の医療関連機関などとの協調を考える
5. 中堅・若手の成長を積極的に支援する。

書籍としては以下のものが発行されています。
『医師と薬剤師のための薬の使い方と説明 第3版』川上武・小坂富美子 企画/石川晋介・小坂富美子・露木靜夫・藤井博之・三輪佳代子 著 医歯薬出版株式会社
2009年6月 ISBN978-4-263-73116-1 (第1版は1997年11月発行 第2版は2003年3月発行)
『なぜ、この処方なのか いくつかの疾患をもつ患者の処方 −長期に薬を服用する疾患を中心に−』小坂富美子 企画/大場延浩・小野修治・柏原健・金内裕子・清水健一・藤井基博・藤田裕子・三輪佳代子 著/露峰佳子 編執筆 医歯薬出版株式会社
2007年1月 ISBN978-4-263-20595-2
 
医療法人財団 健和会 臨床・社会薬学研究所